《豆知識》クリスマスってどんな日??

メリークリスマス

みなさんクリスマスが近づいてくると、パーティーやプレゼント交換を思い描いてワクワクしますよね。

キリスト教のイベントですが、日本でもクリスマスは定番の一大イベント。カップルや家族で毎年楽しく過ごしたいですよね。

でもクリスマスがどんな日なのかみなさんご存知ですか?

今となっては定番となっているクリスマスの過ごし方も、実は時代の変化とともに今の形になって来たんです。

ちょっとした知識ですが、知っておくとパーティーなどでの話のネタになるかも!

そもそもクリスマスの起源って?

クリスマスの起源
日本では「クリスマス」と一つの単語として呼んでいますが、実はクリスマスは”キリスト(Christ)”と”ミサ(mass)”という2つの言葉から来ています。

一般的にもよく知られている「キリストの誕生日を祝う降誕祭」なんです。つまりキリストさんの誕生日ということですね。

しかしキリストの誕生日は実は正式にはわかっていないみたいです。いろんな説がある中で、ローマのある祝日に合わせて12月25日に決定したそうです。後付けなんですね、12月25日というのは。

ちなみにクリスマスイブは前夜祭としてお祝いしますよね。これは教会暦では日没が1日の境目とされているので、24日の夕方ごろからクリスマス扱いでお祝いが始まるのです。

日本でもクリスマスが広まった理由

日本のクリスマス
今でこそクリスマスは「当たり前」のイベントになりましたが、元々は外国のイベントです。

なぜ日本でもこれまでポピュラーなイベントになったのかというと、そのきっかけは1552年までさかのぼります。

宣教師と呼ばれる人が、日本人のキリスト教信徒を招いて初めてクリスマスをお祝いしたのが始まりだと言われています。

その頃はすぐにポピュラーなイベントになることはなく、江戸時代にはキリスト教を弾圧した歴史もあるので、

長い間受け入れられることはなかったようです。

クリスマスが日本で一般的に広まったのは1900年に、明治屋が「クリスマス商戦」ということで大々的に宣伝したことがきっかけになりました。

クリスマスツリーを飾る理由

クリスマスツリー
クリスマスといえば、、、クリスマスツリーですよね。

このクリスマスツリーの習慣はドイツが始めたのだと言われていますね。

キリスト教の教えを広めるための劇の中で、エデンの園にあるリンゴの木が出て来ます。

この木にパンがつるされました。(”命のパン”と言われるもので、これはイエス・キリストを表しているそうです。)

これが今ではオーナメントなどを飾っているクリスマスツリーの起源となったようです。

日本人のクリスマスの過ごし方は?

クリスマスの過ごし方
日本では恋人同士、家族と一緒にお祝いをするのが一般的ですよね。

最近では普段と変わらず過ごすことが増えて来ているようですが、やっぱりせっかくのクリスマスですからイルミネーションを見たり、

普段は行かないようなレストランに食事に出かけたりするのに憧れますよね。

小さい子供にとっては「プレゼントがもらえる!」という特別な日でしょう。

私自身は、ケーキが食卓に出て、次の日にプレゼントがもらえる日という認識でした。(我が家はケーキはイブだったんです)

小さい子供だけじゃなくカップルでもプレゼント交換はワクワクしますよね!

交換するプレゼントやレストランでのディナー、お家でのパーティなど過ごし方の形はいろいろありますが

「大切な人と一緒に特別な日を過ごす」ということに意味があるのかもしれません。

どんな形であっても、今年のクリスマスを楽しく素敵な時間にしましょう!

《男性必見!》女の子が喜ぶクリスマスプレゼント特集

《女性必見!》彼氏が喜ぶクリスマスプレゼントTP03!!

メリークリスマス

この記事が気に入ったらシェアしよう!

LINE B!はてブ