出産祝いの選び方 -気持ちが伝わる贈り方-

出産祝いの基本とは
友人や親族、同僚、先輩、上司など、多くの方に出産祝いを送る機会がありますが、今出産祝いに何を贈ろうか悩んでいる方はぜひこのコラムを参考にしてみてくださいね。

出産祝いの基本

出産祝いを送る時に基本的な考え方と言うのはどのようなものでしょうか。

言うまでもなく出産という大きな仕事を終えた母親と父親に対するお祝いの気持ちから出産祝いを贈ることが基本でしょう。

ですから基本的な考え方として子育てを始める母親にとって役立つものをプレゼントしてあげると言う考え方が大切でしょう。

決して自分本位な考え方ではなく相手の身になって物事を考えることが大切なのです。

また「残らないもの」、や「縁起の良いもの」も出産祝いとして喜ばれます。

自分がこのプレゼントをあげたいからと言う考え方ではなくこれが「本当に相手の役に立つのかどうか」、「もらって嬉しいかどうか」ということを考えなければなりません。

このような基本的な考え方を押さえておくならばどのような商品であったとしても相手に喜んでもらうことができるでしょう。

商品の選び方

出産祝いの選び方

出産祝いを送るにあたって基本的な考え方と言うのをお伝えしました。

相手の身になって物事を考えたときにどのような商品が喜ばれるのでしょうか。

一つは出産を終えて忙しい母親の役に立つものをプレゼントしてあげるの良いでしょう。

育児に役立つものであれ離乳食を作る際の調理器具であれどのようなものでも良いと思いますが母親の役に立つものをプレゼントしてあげましょう。

離乳食を作るための調理器具をプレゼントしようと思っているのであれば相手がその器具をまだ持っていないかどうか事前に尋ねておいた方が良いでしょう。

もし調理器具を相手が既に持っているのであればあなたがプレゼントしてあげたとしても調理器具が増えてしまい台所が狭くなってしまう原因となってしまうかもしれません。

子供服などをプレゼントしてあげるときはどうでしょうか。

子供服をプレゼントしてあげるにはサイズ選びが大切です。

凝ったデザインや高価な服ではなく、子供に着用しやすいスタイルになっている服がいいでしょう。

母親にとっては着せたら脱がせたりしやすい服の方が使いやすいのかもしれません。

よだれかけをプレゼントしてあげることもできます。

こちらも数多くの種類が必要となりますから友人とプレゼントがかぶってしまったとしても問題はないでしょう。

男の子の赤ちゃんであったならばその子が少し大きくなってから着用することができるような格好良い服をプレゼントしてあげると良いかもしれません。

母親は男の赤ちゃんと一緒に散歩をすることを楽しみにするようです。

ですから一緒に散歩に出かける際に着用することができるような少しおしゃれな服をプレゼントしてあげるのも良いでしょう。

お風呂グッズも出産祝いにはとても人気です。

こちらは使ってもらえば残らないですし、変に相手に気を遣わせるということもありません。

今回基本的な出産祝いの送り方について考えましたがいかがだったでしょうか。

ヒカクーでは人気の出産祝いランキングも掲載していますのでぜひチェックしてみてください。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

LINE B!はてブ