【結婚式当日の流れ】まとめ

結婚式当日

出かける前:身支度をする

忘れ物&身だしなみのチェック

・持ち物を最終確認
・親へのあいさつ

スタッフにあいさつ

メイクや着付けのスタッフなど、会場スタッフにあいさつする。

挙式前:着付け・打ち合わせ

salon_topimage

着付け&メイクをする

始める前に仕上がりイメージを確認。トイレも着付け前に済ませる。

控え室で待機

訪れた人を笑顔で迎え、イスやドリンクをすすめてくつろいでもらう。

心付け、お車代を渡すタイミングを確認

披露宴の終わりまで会場にいないスタッフもいるので、どのタイミングで渡すかまでチェックする。

親族紹介

両家の父親主導で互いに紹介し合う。挙式後におこなうケースが多い。

リハーサル

挙式を始める前にかんたんなデモンストレーションをおこなう。口頭のみやリハーサルなしの場合、疑問点などは介添え人(アテンド)に確認する。

挙式・撮影:結婚の宣誓

n7104

挙式

スタッフの指示に従って式場へ向かい、結婚を誓う。

記念写真の撮影

・式場から撮影場所へ移動→スタッフの指示に従いすみやかに整列する
・集合写真以外のツーショット写真などの撮影(別撮りなら集合写真のみ)

披露宴:結婚の報告1

結婚披露宴

披露宴

親族や友人・知人を招き、料理をふるまうなどする中で結婚の報告をする。
スタイルや演出はさまざまだが、ホスト役として招待客に気を配る。

披露宴終了

・招待客を一人ひとりていねいにお見送りする
・媒酌人や会場スタッフへのお礼、支払い、着替えを済ませる

二次会:結婚の報告2

ニ次会へ移動

招待客を待たせすぎないように、移動時間はゆとりをもたせる
→招待客とのコミュニケーションを大切にし会場を盛り上げる

時間と気持ちにゆとりをもって行動する

af9980008645l
 時間に追われると気持ちにも余裕がなくなるもの。とくに家を出る前の身仕度や移動時間にゆとりをもてるように、起きる時間を早めにしましょう。当日は落ち着いて食事ができないかもしれません。
 ふだんは朝食抜きでも、しっかり食べる、軽食を持っていくなどして、空腹が理由で体調を崩さないように気をつけましょう。

スタッフにもつねに気配りを

 結婚式をサポートする数多くのスタッフの方々にも、やってもらって当然という態度ではなく、感謝の気持ちで接します。あいさつやお礼の有無で、スタッフからの印象も大きく変わるもの。
 かかわる方全員に「いい結婚式だった」と思ってもらえることが、結果として二人にとってもいい結婚式になるのです。

意識して笑顔を。立ち居ふるまいに注意

 結婚式当日、新郎新婦は注日の的です。嬉しい半面、気を抜けないという緊張感もあります。人がいる前では笑顔を絶やさず、疲れていても姿勢や態度が乱れないように気をつけましょう。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

LINE B!はてブ